本文へスキップ

      次代に輝く住まいを創る

TEL. 0120-815-711

〒971-8134 福島県いわき市鹿島町飯田字八合22

一語履歴WORD vol.189

過去の一語履歴を見ることが出来ます。

一語履歴 HOME
 
一語履歴 vol.190
かつてない困難からは...
一語履歴 vol.189
相手は年上、しかも嘘もついて...
一語履歴 vol.188
あるスポーツ選手とそのお母さんの...
一語履歴 vol.187
一度やり始めたら...
一語履歴 vol.186
戦後日本を代表する経済人...
一語履歴 vol.185
能力の差は5倍、意識の差は...
一語履歴 vol.184
子どもたちが目を輝かせて聞く...
一語履歴 vol.183
教師が学び合う...
一語履歴 vol.182
長く発展する会社の条件...
一語履歴 vol.181
師に遇うも覚らず...
相手は年上、しかも嘘もついて
数字も誤魔化す。

そんな部下を持ったら、
あなたはどうしますか?

◆ ある部下指導の成功例 ◆

倉持 淳子(クラ・モチベーション社長)

組織の総入れ替えがあって、
それまで一度も組んだことのない
人たちとチームを組まされた上に、
東京の統括マネージャーまで
兼務することになりました。

そうしたら、メンバーの中に
問題児が三人いて、私より年上の
おじさんなんですが、素直じゃないし、
嘘をついて誤魔化すしで、
その人たちに引きずられて
数字を取れなくなってしまったんです。

──それで、どうされたのですか。

やっぱりこのメンバーで数字を
取るしかないと思い直しました。

見放していたわけですよ、
この問題児たちはどうにもならないって。

でも、この人たちがこのままだったら
10年後は確実にリストラされるでしょう。

もし私がこの人たちのお母さんだったら、
決して見放さないだろうと思って、
三人が会社で評価されるように、
真剣に向き合うようになったんです。

──具体的にはどのようなことを
  なさったのですか。

そこから毎日朝晩、
一時間半から二時間くらいかけて
各自の行動予定をチェックして、
行く先々でお客様にどんなアドバイスを
するべきか全部指示しました。

ただ指示するだけだと成長できないから、
こういう場合はどう考えるかと
事例を挙げて本人に答えてもらいながら、
もっといいやり方に修正していったんです。

──辛抱強く社員さんの意識改革に
  取り組まれたのですね。

相手が大の大人だと思うと
ムカつくけれども、三歳児だったら
そんなことはないじゃないですか。

ですから、三歳児のお母さんに
なったつもりで、
できないのは当たり前と思って
向き合うようにしたんです。

そうすると、ちょっとまともな
報告ができただけで嬉しい。

嬉しいからどんどん褒める。

できない時には相変わらずけ
ちょんけちょんに言うんですけど、
ベースがお母さんの
愛のようなものに変わったら、
その問題児たちが一か月で
目標を達成できるようになったんです。
 
2016/02/18

お寺の副住職として、いまも
縁ある人たちに、親を偲ぶ
心の大切さを伝え続ける西端春枝さん。

◆ 人を偲ぶ心の優しさ ◆

西端 春枝(真宗大谷派淨信寺副住職)

最近はタクシーを
使うことが増えましてね。

その時にはできるだけ運転手さんに
話し掛けるようにしているんです。

この前も

「あんた、お母さんいてはるの」

とお聞きすると、小学校の頃に
亡くなったと言うんですよ。

でも具体的に何月何日
だったかは覚えていないし、
ある運転手さんは
両親の命日を知らない。

中にはお兄さんと喧嘩して
家を飛び出したから、
どこのお寺さんに行けば
いいのか分からないという。

こういう人たちに出くわすと、
もう黙っていられないから
身を乗り出して説教が
始まるんですよ(笑)。

彼らはいつも車で走っているので、
お寺の前を通ったら、ちょっとでも
頭を下げるようにと言うんです。

それだけでもいいって。

──それだけですか。

そう。でもね、そうすれば、
自然とお母さんのことを思い出したり、
心の中でお父さんに
話し掛けられるようになるんです。

そうやってご自身が亡くなるまで、
折に触れて親のことを
偲ぶことも親孝行なんですよ。

そしてこのような話をしながら、
私自身もまた自分の
親のことを偲んでいる。

ある運転手さんが私と話し込んで、
つい道を間違えてしまって
遠回りしたことがありました。

彼はしきりに謝りましたが、
それよりも私は「遠回り」
というのが懐かしいなと思ってね。

なぜかと言えば、子供の頃に母親から
「はよ帰っておいで」と
言われていたんだけど、機嫌が悪くて
遠回りして帰ったことがあったんです。

つまらないことして、親を困らせてね。

そんな懐かしい母との思い出を、
思わぬ人の言葉で思い出せるんです。

──それもまた親孝行だと。

父は親孝行なんて、
親が生きている間に
満足にできているなんて思うな、
と言っておりました。

親が子を思う心の半分も、
お返しなんぞできるものではないと。

だから昔の人はお盆の時に、
墓石を洗いながらこんな詩を
思い浮かべていたんです。

「父母の背を流せし如く墓洗う」

いま生きていれば一遍でも
背中を流してあげるのにな、
と思う時にはもう親はいないんですね。

だからせめて父母の背中を
流すつもりで墓石を洗う。

こうやって一つひとつの
出来事を通じて、私たちは
亡き親を偲ぶことができるんですね。
 
2016/02/17
前社長の大東隆行さんが
凶弾に倒れられてから早2年。

その後継者として
陣頭指揮をとってこられたのが、
現社長の渡邊直人さんです。

厳しい時期を乗り越えられた
渡邊さんが実感したという、
人間にとってもっとも大切なものとは。

 人間にとって一番大切なもの

 渡邊 直人(王将フードサービス社長)
     ×
 福地 茂雄(アサヒビール社友)

後継者として
陣頭指揮をとってこられたのが、
現社長の渡邊直人さんです。

厳しい時期を乗り越えられた
渡邊さんが実感したという、
人間にとってもっとも大切なものとは。

渡邊さんの人柄が滲み出るような
心に響くいいお話ですよ。


【渡邊】
もう一つ大きかったのは、
やっぱり不慮の事件を受けて
突然自分が社長になったことです。

当初はもう逃げ出したいくらいの
重圧に見舞われていましたけれども、
翌日真っ先に会社まで
来てくださったのが、
アサヒビールさんでした。

まだ事件の全容も十分掴めていなくて、
リスクがあるかもしれない現場に、
いまの小路社長が役員の方と
ともにお越しくださって、

「アサヒビールはどんなことが
 あっても御社をお支えしますから、
 渡邊社長、頑張ってください」

と言ってくださったんです。

小路社長のお言葉からは、
商売上の取り引きを超えた、
人としての温かみが伝わってきました。

私はあの言葉を一生忘れません。

勇気を与えていただいた出来事は、
そればかりではありませんでした。
事件の直後から、お客様が
どんどんどんどん、
お店に押し寄せてこられて、
大東への線香代わりにうちの餃子を
次々と注文してくださったんです。

お店に行けばスタッフが

「ありがとうございます」

「ありがとうございます」

と感謝の言葉を繰り返しながら、
一所懸命餃子をつくってお出ししている。

「追悼餃子」と報道されて
大きな話題になりましたけれども、
おかげさまでその期は過去最高の
762億円を売り上げることができました。

王将はこんなにも多くのお客様、
そして従業員の皆さんに支えられて
今日まで来られたんだなぁと
改めて実感しましたねぇ。

窮地に立たされた時に人の温かさ
によって救われたことで、
人間には結局そういう
目に見えない思いやり、
愛情というものこそが
一番大事だと実感しましたね。
 
2016/02/16

人間だけに与えられた
「願いに生きる」という特権。

あなたは、その天与の特権を
生かせることができているか。

◆ 願いに生きる ◆

この世に生を受けた誰もが、
その人なりの願いを持って生きている。

自己一身の名利栄達を
求める願いもあれば、
一切衆生の悩みを救わんと
する大願もある。

人々の抱く願いは千差万別である。

だが、どんな願いであれ、
願いに生きることは尊い。

願いを抱いて生きることができるのは、
人間だけだからである。

「忘己利他(もうこりた)慈悲の極み」
と仏教は教える。

一つの願いが他者をも
幸福に導くものであれば、
その尊さはいや増す。

何を願うか。

どんな願いを抱くか。

その内容が人間の格を創る、
とは多くの先賢が示すところである。
 
2016/02/16

バナースペース

展示場 櫛田建設株式会社

〒971-8134
福島県いわき市鹿島町飯田字八合22
福島テレビハウジングプラザ内

Mail infous@kushida-web.com
TEL 0246-76-0255
FAX 0246-76-0256
定休日:水曜日