本文へスキップ

      次代に輝く住まいを創る

TEL. 0120-815-711

〒971-8134 福島県いわき市鹿島町飯田字八合22

一語履歴WORD vol.217

過去の一語履歴を見ることが出来ます。

一語履歴 HOME
 
一語履歴 vol.220
日本代表監督として最も学んだこと...
一語履歴 vol.219
この道や行く人なしに秋の暮...
一語履歴 vol.218
劇団四季で学んだ一流プロの心得...
一語履歴 vol.217
惻隠(そくいん)の情...
一語履歴 vol.216
リーダーに必須の3つの条件...
一語履歴 vol.215
いい会社の条件...
一語履歴 vol.214
柔の道で真の人間をつくる...
一語履歴 vol.213
自分を育てるのは自分...
一語履歴 vol.212
旧敵に「師」と仰がれる日本人の生き方...
一語履歴 vol.211
松下幸之助さんは、利益というものについて...
第一次世界大戦を経てロシアから
独立したポーランド。

しかし、すぐにロシアとの戦争が勃発し、
極寒の地シベリアには多くの
ポーランド人の孤児がとり残されます。

その救済の乗り出したのが、
当時の日本赤十字社でした。

日本人が、古くから
大切にしてきたものの中に、
「惻隠(そくいん)の情」があります。

しばしば「思いやりの心」と
訳されますが、惻隠の情と
思いやりの心は、まったく
同じというわけではありません。

思いやりの心を持つことは、
もちろん大事ですが、
困っている人を見たら、
放っておけない、
つい手を差し伸べてしまった……。

そんな、やむにやまれぬ思い、
行動を伴う思いやりが、
「惻隠の情」なのです。

先人たちが大切に育んできた美徳を、
当時は、幼い子どもたちまで
共有していたんですね。

看護婦をしていた松澤フミさん
という若い女性は、腸チフスに
かかった子どものそばを、
片時も離れませんでした。

当時、腸チフスは、
罹ったら最後、十中八九、
死に至るといわれていました。

「この子は、もう助からない。
 それなら、せめて私の胸の中で
 死なせてあげたい」

と、フミさんはいっていたそうです。

彼女の献身的な看護を受け、
その子は奇跡的に回復しました。
でも……。松澤フミさんは、
このときの看病がもとで、
腸チフスに感染し、亡くなったのです。

また、こんなポーランド
の女の子の回想もあります。

「ひどい皮膚病にかかっていた私は、
 全身に薬を塗られ、
 ミイラのように白い布に包まれて、
 看護婦さんにベッドに運ばれました。

 その看護婦さんは、私をベッドに
 寝かせると、布から出ている
 私の鼻にキスをして、
 微笑んでくれました。

 私はこのキスで生きる勇気をもらい、
 知らず知らずのうちに
 泣き出していました」

日本に到着したとき、子どもたちは、
みな青白く痩せこけていました。

内臓の病気や皮膚病を患っていたり、
栄養失調になっていたり……。

そんな彼らが、ひと夏を日本で過ごし、
人々の愛情に包まれ、
まるで別人のように元気を
みなぎらせていったのです。

それは大変に喜ばしい
ことではありましたが、
しかし、それは同時に、
子どもたちが故国ポーランドに
帰る日が近づいていることを
意味していました。


「誰もが、このまま日本に
 いることを望んでいました。
 太陽が綺麗で、美しい夏があり、
 海があり、花が咲いている
 日本に……」

子どもたちは、そんなふうに
感じてくれていたそうです。

そして、お別れの日。

送られるポーランドの子どもたちも、
見送る日本人も、涙、涙、涙……。

765名に及ぶポーランドの
子どもたちは、故国ポーランドに
向けて、順次旅立っていきました。

子どもたちを送り届けた
日本船の船長は、毎晩、
ベッドを見て回り、
一人ひとり毛布を首まで掛けては、
子どもたちの頭を撫で、
熱が出ていないかどうかを
確かめたといいます。

「もしお父さんが生きていれば、
 お父さんの手は、きっとこんなに
 大きくて温かいんだろうなぁ」

と、薄眼を開けて、船長の巡回を
心待ちにしていた子どももいたそうです。

この子たちは、帰国後、
孤児院に収容され、それぞれの
人生をたくましく生き抜いて
いくことになります。

たったひと夏の経験でしたが、
日本人から受けた愛情が、
彼らの生きる力になったことでしょう。
 
2016./08/25

8月23日(火)
日本を美しくする会 鍵山秀三郎様にお会いしました。

多くのお話を伺ったのですが、その一つ

掃除の効用
1 氣づきの訓練
2 価値観の共有

この効用だけでは、背景が見えないかもしれませんが、
それにより、多くの方々の行動がが変わりました。
基本が大事、「凡児徹底」を、心に落とす出会いでした。
 
2016/08/24

いい意味での話ですが、
私たちは他人の何気ない行動を見て
ハッとされられることがあります。

そして時にそれが、人生を大きく
変えていくきっかけにもなるのです。

☆ ハッとさせられる瞬間 ☆

鈴木 秀子
(国際コミュニオン学会名誉会長)

例えば、電車に乗っていて
座席の前にお年寄りが立ち、
席を譲ろうか、でも少し気恥ずかしいな、
という思いでいる時、
隣の席でスマートフォンに
熱中していた若者が
すっくと立って席を譲る、
といった様子を
目にしたことはありませんか。

また、誰もが見て見ぬ振りをする
道端の空き缶やペットボトルを
さりげなく拾って、
近くのゴミ箱に入れる人がいます。

考えてみたら、
どちらも些細な善行にすぎません。

人として当然の行いです。

しかし、いざやろうと思って、
なかなか行動に移せないということも
また確かだろうと思うのです。

それを目にした人たちは、
誰しもハッとさせられるはずです。
そして自分たちの普段の生き方を
反省させられるに違いありません。

私たちは生きる中で、
いろいろな欲望に振り回されたり、
利害関係、周囲の評判に
とらわれたりすることがあります。

正しいと思う簡単なことでも、
周囲の目を気にして出来ないことがある。
 
2016/08/24

バナースペース

展示場 櫛田建設株式会社

〒971-8134
福島県いわき市鹿島町飯田字八合22
福島テレビハウジングプラザ内

Mail infous@kushida-web.com
TEL 0246-76-0255
FAX 0246-76-0256
定休日:水曜日