本文へスキップ

      次代に輝く住まいを創る

TEL. 0120-815-711

〒971-8134 福島県いわき市鹿島町飯田字八合22

一語履歴WORD vol.426

過去の一語履歴を見ることが出来ます。

一語履歴 HOME
 
一語履歴 vol.430
自助論... ~モチベーション...
一語履歴 vol.429
冷に耐え...~率先垂範...
一語履歴 vol.428
今日... ~学力日本一...
一語履歴 vol.427
運と徳...~写真を撮る秘訣...
一語履歴 vol.426
堂々と言える...~心の優しさ...
一語履歴 vol.425
年齢...~親子のスキンシップ...
一語履歴 vol.424
深沈厚重...~やりぬく...
一語履歴 vol.423
怒ってしまうのは...
一語履歴 vol.422
無形財産...~徳...
一語履歴 vol.421
成功や失敗は...~目標...
「兄・小林秀雄から学んだこと」
    高見澤潤子(劇作家)

子どものころから兄・小林秀雄は、
私には尊敬すべき存在だった。

私は兄から多くのことを教えられた。
しかし、私があんまり知らないことが多すぎて
恥ずかしいといったとき、

「何ももの知りにならなくてもいい」

といってくれて、

「学者はknowledgeだけあって、
wisdomがないから駄目だ」

といったことがある。

人間は生きていくためにはもちろん
学問、知識(knowledge)は必要である。

しかし、物事をよく判断し、
よく処理する心の動き、賢さというようなもの、
生きていく知恵(wisdom)は、
それ以上に大切であることを、兄はいうのである。

兄は理論よりも行動を重視した。

何かせずにはいられないという気持ちは、
愛情とか尊敬からおこるものである。

頭で考えているだけでは、
そういう気持ちにはなかなかなれない。
愛情をもって対象物を本当に理解しなければ、
実行することはできない。

知ることは行うことだ、と兄はいっていたし、

「実行という行為には、いつでも理論より
豊かな何かが含まれている。
 現実を重んじる人というよりは、
 現実性を敬う心がある」

というようなこともいっていた。

私たちはあまりにも観念的になり、
抽象的になり理論的になっている。
理屈ばかりいって、実行しない者は多い。

現実を大切にしないからである。

実行するのは難しいことなのだが、
具体的にものをいうよりも、
抽象的にいった方が深みがあるように
思っているからである。

しかし目の前に現れている現実、
具体のほうが大事なのである。
 
私が自分の結婚問題について、
手紙で兄に相談したとき、兄は長い返事をくれた。
その中にこういう言葉があった。

「人間が人間の真のよさだとか悪さだとか
 わかる迄には大変な苦労が要るものだ。

 人間を眺める時、その人間の頭にある思想を
 決して見てはならぬ。それは思想だ。
 人間じゃない。その中によさも悪さもあるものでない。

 大体、アリストテレスの言ったように、
 人生の目的は決してある独立した
 観念の裡(うち)にはないものだ。

 人間の幸不幸を定める生活様式の裡にあるのである、
 いい生活様式を得れば人間はそれでいい」

兄は何も知らない私に人間の見方と、
人生の幸福というものを教えてくれた。

人間は頭より情緒、心の優しさが大切で、
人間をみるというのは、実生活の具体的なものを、
しっかりみることである。
2019/11/26
ロボットクリエーターとして世界的な活躍を続ける
千葉工業大学未来ロボット技術研究センター所長・古田貴之さん。

(吉田)
大手電機メーカーの社長直轄の
開発プロジェクトのリーダーを務めたり、
大手住宅メーカーと共に家にいながらにして
健康診断ができるシステムの開発を担当したりしています。
ただ、僕は企業などから1円の報酬ももらっていません。
自分の意思で、すべてタダでやっています。

(――なかなかできることではありません。)

(古田) 
原発ロボットをはじめ特許はたくさん持っていますから、
本来なら僕の年収を遥かに超えるお金が入ってくるはずです。
でも、すべて放棄しています。
僕を大金持ちだと勘違いしている人がいますが、とんでもない(笑)。

これは生き方の問題なのですが、最終的に僕が欲しいのは、
ロボットで世の中や未来を変えることなんです。
だから、僕はある時から人に褒められること、
お金を儲けること、有名になることを捨てました。これは無敵ですよ(笑)。

お金をもらった瞬間、企業とは元請け、下請けの関係になるんですね。
僕には貸しはあるけれども借りはない。
だから、27万人の社員のいる大手電機メーカーの社長とも対等でいられるんです。

「僕はあなたのパートナーです。
お金は要りませんから、
一緒に世の中を変えてくれますか」と堂々と言える。
2019/11/26

バナースペース

展示場 櫛田建設株式会社

〒971-8134
福島県いわき市鹿島町飯田字八合22
福島テレビハウジングプラザ内

Mail infous@kushida-web.com
TEL 0246-76-0255
FAX 0246-76-0256
定休日:水曜日