本文へスキップ

      次代に輝く住まいを創る

TEL. 0120-815-711

〒971-8134 福島県いわき市鹿島町飯田字八合22

一語履歴WORD vol.422

過去の一語履歴を見ることが出来ます。

一語履歴 HOME
 
一語履歴 vol.430
自助論... ~モチベーション...
一語履歴 vol.429
冷に耐え...~率先垂範...
一語履歴 vol.428
今日... ~学力日本一...
一語履歴 vol.427
運と徳...~写真を撮る秘訣...
一語履歴 vol.426
堂々と言える...~心の優しさ...
一語履歴 vol.425
年齢...~親子のスキンシップ...
一語履歴 vol.424
深沈厚重...~やりぬく.....
一語履歴 vol.423
怒ってしまうのは...
一語履歴 vol.422
無形財産...~徳...
一語履歴 vol.421
成功や失敗は...~目標...
「古来聞き難きは道
 天下得難きは同志なり」

近江聖人といわれた中江藤樹の言葉です。
古来、道を聞くことは難しい、
その道を共に学ばんとする同志を得ることも難しい、
ということです。

徳は人間にとって、極めて大事なものです。
徳は事業の基なり――と『菜根譚』はいっています。
あらゆる事業は徳がなければ成り立たないということです。

徳とは身に得ることなり、という言葉もあります。
体得したものでなければ、その人の徳にはならない。
知識だけでは徳ではないということです。

昔、ある人が松下幸之助さんにインタビューしたそうです。
――経営者にとって大事なことはなんでしょうか。
松下さんが答えます。
「それは運がよいことです」
――運がよくなるにはどうすればよいでしょうか。
「それは徳を積むことです」

では、徳を積むにはどうしたらいいのでしょうかと聞きたいところですが、
残念ながら話はここまでです。

2つの言葉を紹介します。
1つ目は明恵上人(みょうえしょうにん)の言葉です。

「人は阿留辺幾夜宇和(あるべきようわ)と云(い)う七文字を持つべきなり」

言葉はこう続きます。
「僧は僧のあるべき様、
 俗は俗のあるべき様なり。
 及至(ないし)、帝王は帝王のあるべき様、
 臣下は臣下のあるべき様なり。
 此(こ)のあるべき様を背く故に、一切悪しきなり」

現代的にいえば、上司は上司の、部下は部下の、
父は父の、母は母の、人は皆、その立場にある者としての
あるべきようを持つことが大事であり、
そのあるべきようから外れた時に
様々な悪が生じるのだ、ということです。

万古不易の真理です。

もう1つは、生涯を求道に生きた常岡一郎氏の言葉です。

「徳と毒はよくにている。
 徳は毒のにごりを取ったものだ。
 毒が薬ということばもあるではないか。
 毒になることでも、そのにごりを取れば
 徳になるのである」

徳と毒は1字の違い。
「と」が「ど」とにごりが入ると、徳が毒になる、というのです。
そして、氏はこう続けます。

「どんないやなことでも、
 心のにごりを捨てて勇んで引き受ける心が徳の心だ。
 いやなことでも、辛いとかいやとか思わないでやる、
 喜んで勇みきって引き受ける、働きつとめぬく、
 それが徳のできてゆく土台だ。
 ばからしいとか、いやだなあというにごった心をすっかり取って、
 感謝と歓喜で引きうけるなら辛いことほど徳になる」
2019/11/16
世界初のアルツハイマー型認知症治療薬「アリセプト」を開発し、
人類社会に大きな功績を残した、薬学博士の杉本八郎さん。

(――物事を成就する人と
成就できない人の差はどこにあるのでしょうか?)

(杉本) 
物事を成功させる条件は、
どれだけ「無形財産」を持っているかではないでしょうか。
無形財産というのは「どれだけ世のため、人のためになることをしたか」、
その積み重ねのことです。いくら優秀でも、
無形財産が足りない人は成功しません。

もっと言うと、人生は善いことを思い、
善い行いをすれば、善い人生になります。
悪いことを思い、悪い行いをすれば、悪い人生なんです。
世のため人のためになることをすれば、絶対成功する。
そのお手本が大自然ですね。

(――大自然がお手本。)

(杉本) 
私たちの心臓は生まれた時から一回も休んでいないでしょう。
ちょっと疲れたから休暇を取る、旅行に出掛ける。
そんなことありませんよね。しかも、心臓は自分のためじゃなくて、
全身の臓器のために生きているんです。

植物だってそうです。人間を含めた他の動物のために、
二酸化炭素を吸って酸素を出してくれる。
大自然というのは皆、他のために生きているんです。
人間だけが自分中心なんです。この自分中心をなくせば、
絶対に世の中は丸く収まると思っています。
2019/11/16

バナースペース

展示場 櫛田建設株式会社

〒971-8134
福島県いわき市鹿島町飯田字八合22
福島テレビハウジングプラザ内

Mail infous@kushida-web.com
TEL 0246-76-0255
FAX 0246-76-0256
定休日:水曜日