本文へスキップ

      次代に輝く住まいを創る

TEL. 0120-815-711

〒971-8134 福島県いわき市鹿島町飯田字八合22

一語履歴WORD vol.326

過去の一語履歴を見ることが出来ます。

一語履歴 HOME
 
一語履歴 vol.330
100円ショップの先駆け...
一語履歴 vol.329
師を覚悟した松陰...
一語履歴 vol.328
最高の味を求めて...
一語履歴 vol.327
フランス系のカトリックの学校...
一語履歴 vol.326
大器晩成...  vol.326a 与えられた自分の役割...
一語履歴 vol.325
幕末維新の教育者...
一語履歴 vol.324
JALの奇跡...
一語履歴 vol.323
銅の鏡・歴史の鏡・人の鏡...
一語履歴 vol.322
日本国内で最も多くお産を手掛けている...
一語履歴 vol.321
本気になると...
大器晩成
人間は自然が晩成した大器だ。

(高等動物の中で)一番後で
作ることに成功した。

大器といってよい。

まさに大器晩成で、大自然という
偉大な創造者が何十億年もかかって
やっと作ったもの。

だから、自然の法則は人間においても同じく、
人間は、早成する、早く物になるというほど
危ないことはない。

人間もなるべく晩成がよい。
まあ、死ぬ頃なんとか物になる
というくらいの覚悟でぼつぼつやるがよい。

安岡正篤先生
 
2019/01/03

心の師となれ。心を師とせざれ。

釈迦
           ────

心には力がある。その力はプラスにもマイナスにも働く。
それ故、古の聖賢は心を鍛え、調えることの必要を教えた。

「心の師となれ。心を師とせざれ」
釈迦の晩年の言葉。

40歳で地方には珍しかった「カルチャースクール」を起業しました。
女だてらに女のくせにと非難・批判されつづけ、
資金面でも苦しくなってめげていた55歳の頃、
出会ったこの言葉を念仏のように唱えて乗り切りました。

地位も名誉もお金もないけれど、起業理念である
「地域の文化向上の一助になりたい」
「女性たちに輝いて生きてもらいたい」
という「心」だけは持ちつづけよう。

今この瞬間を大切に、心を調え、高めていこうという
「心の力」を信じて今日まで生きてきました。

何もかも失った、3・11 の後も
この言葉に助けられました。
 
2019/01/03

バナースペース

展示場 櫛田建設株式会社

〒971-8134
福島県いわき市鹿島町飯田字八合22
福島テレビハウジングプラザ内

Mail infous@kushida-web.com
TEL 0246-76-0255
FAX 0246-76-0256
定休日:水曜日