本文へスキップ

      次代に輝く住まいを創る

TEL. 0120-815-711

〒971-8134 福島県いわき市鹿島町飯田字八合22

一語履歴WORD vol.415

過去の一語履歴を見ることが出来ます。

一語履歴 HOME
 
一語履歴 vol.420
毎朝30分... 名言...
一語履歴 vol.419
精進の大切さ... 入社式...
一語履歴 vol.418
小さな家にいても...
一語履歴 vol.417
お母さんの涙...約束...
一語履歴 vol.416
命とは...
一語履歴 vol.415
発想力...仕事の原点...
一語履歴 vol.414
そのなかのほんの一部...~正しい答え...
一語履歴 vol.413
迷ったら...
一語履歴 vol.412
安心感...~優れた研究...
一語履歴 vol.411
目標...
世界的な日本食ブームに伴って、醤油が海外で人気となっています。
その先鞭をつけたのはキッコーマンで、1973年にはアメリカに現地工場を開設。
それを提案したのは、若き日の茂木友三郎・名誉会長です。

仕事の原点は〝とことん惚れ込む〟

私の経営者としての人生が始まった原点は20代にある。
新卒でキッコーマンに入社し、
24歳からアメリカのビジネススクールで2年間勉強したこと、
29歳の時、希望していた醤油の国際化の仕事に携わる契機を得たこと、
とりわけこの2つが中心的な存在となった。

留学当初、私はそのままアメリカの企業に就職するのも悪くないなと考えていた。
いくつか誘いもあり、その気になればそれも可能なことだった。
しかし、1961年の6月にMBAの学位を取得すると
、帰国の途に就いた。これには1つ大きな転機があった。

渡米する前年にキッコーマンの販売会社がアメリカに設立されており、
私は留学中の夏休みにスーパーマーケットで実演販売を手伝った。
肉を醤油で味つけして焼き、それを小さく切って楊枝に刺し、試食してもらう。
これがアメリカ人にとても評判がよかった。

私自身、それまでは醤油をバカにしていたというか、
斜に構えて見ていた節があったのだが、
ひと月以上毎日店頭に立つうちにその思いは一変し、醤油に惚れ込んでしまったのである。
醤油は実に面白い商品だ。国際的に通用する可能性を秘めている。
醤油を世界に広めていく仕事がしたい、と。

自分の担当している商品にとことん惚れ込む。
これはどんな業界業種にも通底する仕事の原点ではなかろうか。

仕事のプロになるために大切なこと

「20代のうちに1つはスペシャリティー、強みを持つ」

これは私の経験を踏まえて、20代の皆さんにぜひお伝えしたいことである。
噛み砕いて言えば、「あそこの会社には素晴らしい社員がいる」
「あなたが欲しい」と市場価値がつき、
他社からスカウトされるような存在になれ、ということだ。

では、スペシャリティーを身につけるために何が大切か。
いま目の前に与えられた仕事を一所懸命やる。これ以外にはない。
どうしても合わないと思ったら、部署を替えてもらう、
あるいは転職することもあり得るだろう。
しかし、移っても代わり映えしないことが大概だ。
ゆえに、好き嫌いなどという私情を挟まず、
与えられた自分の仕事に全力を注ぎ、超一流になろうと努力すべきである。

また、スペシャリスト、すなわち専門家になる上でもう1つ大切なのは、
自分で勉強することだ。本を読むもよし、セミナーに行くもよし、
それらの教えや周りの人からのアドバイスを素直に聴き、実践し、
自分の仕事のツボは何かを早く気づくことが必要だと思う。

最後に、私自身が若い頃から心を鼓舞されてきた言葉を贈る。

「名を成すは毎(つね)に窮苦(きゅうく)の日に在り。
事に敗(やぶ)るは多く得意の時に因(よ)る」

これは『酔古堂剣掃(すいこどうけんすい)』という古典金言集に出てくる一節。
立派な仕事はいつも困難な状況の中から生まれてくる。
逆に、いい気になった時に往々にして失敗する。

苦しい時に諦めたり、自暴自棄になったりするのは簡単だろう。
しかし、苦しい時こそチャンスであり、そこで徹底的に努力を重ねていけば
成功への道が開けることを忘れないでいただきたい。
2019/10/29
発想力のある人と、
そうでない人の差は
どこにあるのでしょうか?

テレビの弊害を考えるとき、
私はインターネットがこの状況を変えるのではないか、
というひそかな期待を抱いています。

インターネットは、テレビとは違って、
能動的な作業が必要ですし、発想という意味からも
効率的な手段だからです。

教育と発想の関わりについてさらに付け加えれば、
子どもたちに好奇心を抱かせようと思ったら、
まず教師自身が、常に新しいものに興味を抱き、
実際にやってみせることでしょう。

これは会社で社員を発想豊かにする上でも
同じことだと思います。

発想力とIQの関係は科学的にも
よくわからない点なのですが、
創造的な仕事をした人がIQが高かったといえば、
そういうわけではない。

事実、ニュートンもアインシュタインも
あまりIQは高くなかったようですし、
学校の成績と発想力は関係がないと
考えたほうがよいでしょう。

あるアメリカの企業が、
仕事で非常にいいアイデアを出す社員と
出さない社員の差を調査しました。

その結果、ただ一つの差異しか
見つからなかったというのです。

すなわち、いいアイデアを出すのは、
自分が創造的だと思っていた社員であり、
出せなかったのは自分はそういう能力がないと
思い込んでいた社員だったというのです。

つまり、発想力はIQなどではなく、
自分ができると思っているかどうか、
という意識のベクトルの差が
非常に大きいというのです。
2019/10/22

バナースペース

展示場 櫛田建設株式会社

〒971-8134
福島県いわき市鹿島町飯田字八合22
福島テレビハウジングプラザ内

Mail infous@kushida-web.com
TEL 0246-76-0255
FAX 0246-76-0256
定休日:水曜日