本文へスキップ

      次代に輝く住まいを創る

TEL. 0120-815-711

〒971-8134 福島県いわき市鹿島町飯田字八合22

一語履歴WORD vol.371

過去の一語履歴を見ることが出来ます。

一語履歴 HOME
 
一語履歴 vol.370
元気に天寿を全うする...
一語履歴 vol.369
「いま」をどう生きるか...
一語履歴 vol.368
無限の力...
一語履歴 vol.367
森信三先生にぶつけた恋愛相談...
一語履歴 vol.366
強いチーム... やさしく生きる...
一語履歴 vol.365
苦労しなさい...
一語履歴 vol.364
断ったらプロじゃない... 至誠、勤労、分度、推譲...
一語履歴 vol.363
あずさからのメッセージ...
一語履歴 vol.362
スリランカへの恩...
一語履歴 vol.361
何事も自分の形...

超高齢社会へと突き進む日本では、
ただ長く生き永らえるだけでなく、
いかに元気に天寿を全うするかが問われています。
筋力の専門家として高齢者の体力づくりに取り組む
石井直方さんの、生きる力を発揮し、
充実した人生を謳歌する筋トレ法。

(石井)
アメリカ以上に高齢化が進む日本では、
転倒が元で寝たきりになってしまう高齢者が年間10万人にも上ります。
私は、高齢者が安全に行えるトレーニング法の必要性を強く実感し、
スロートレーニング(スロトレ)という方法を開発しました。

スロトレはその名のとおり、
ゆっくりと体を動かすことで、体にあまり負荷をかけず、
短時間に効率よく筋肉を鍛えることのできるトレーニングです。

体をゆっくり動かすのは、筋肉を持続的に緊張させ、
内部の血流を制限するためです。
それによって、筋肉を動かす時に発生する乳酸などの
代謝物質が外に運び出されず、
筋肉が激しく動いた場合と同様の効果が得られます。

長く健康を維持していくためには、
体のどの部分も大切であることはいうまでもありませんが、
とりわけ足腰は重要です。

足腰の筋肉は加齢の影響を最も受けやすく、
どんどん細く、弱くなっていきます。
足は体の機能でいうとロコモーターと呼ばれ、
ここが衰えれば思うところに移動できなくなります。

また、いくら足が丈夫でも、
体の要である腰(体幹)が弱れば、
ふらふらしてちゃんと歩けなくなります。
足腰が衰えると自立した生活もままならなくなり、
たちまち要介護となってしまうのです。

足腰が丈夫であれば活動の場も広がり、
それが脳へもよい刺激をもたらしてくれます。
まずは足腰を鍛えることが元気に
天寿を全うする上でのとても重要なカギとなるのです。

ここで、足腰を鍛えるための
スロトレ「スロースクワット」をご紹介します。

●スロースクワットのやり方

①両脚を肩幅くらいに広げて立ち、
両手を真っすぐ体の前に伸ばす。
中腰になり、両足のつま先を外側にそれぞれ三十度くらい開く

②椅子に腰掛けるイメージでおしりをやや後ろに引きながら、
ゆっくりと四秒ほどかけて、膝が九十度になるくらいまで腰を下ろす

③息を吐きながら、ゆっくり四秒ほどかけて膝を伸ばし、立ち上がる。
この時、膝を完全に伸ばしきらない段階で、②~③の動作を繰り返す

各々の体調に合わせて少しずつ回数を増やしていき、
8回を1セットとし、休憩を挟んで3セットできるようになれば、
お年寄りでもかなり筋力がついてきます。
 
2019/07/15

バナースペース

展示場 櫛田建設株式会社

〒971-8134
福島県いわき市鹿島町飯田字八合22
福島テレビハウジングプラザ内

Mail infous@kushida-web.com
TEL 0246-76-0255
FAX 0246-76-0256
定休日:水曜日