本文へスキップ

      次代に輝く住まいを創る

TEL. 0120-815-711

〒971-8134 福島県いわき市鹿島町飯田字八合22

一語履歴WORD vol.360

過去の一語履歴を見ることが出来ます。

一語履歴 HOME
 
一語履歴 vol.360
問題が解決しない考え方...
一語履歴 vol.359
多くの若者たちを惹きつける...
一語履歴 vol.358
十分に耐えられるから...
一語履歴 vol.357
「獺祭」...
一語履歴 vol.356
動機善なりや...
一語履歴 vol.355
耐えること...
一語履歴 vol.354
伊與田覺先生...
一語履歴 vol.353
生き方の種まき...  vol.353a 人間は考える葦である...
一語履歴 vol.352
江戸末期から...  vol.352a 栗山英樹監督...
一語履歴 vol.351
鍵山秀三郎氏...  vol.351a 最大の試練に...

「最も非生産的で、最も問題が解決しない考え方」
 岸良裕司
(ゴールドラット・コンサルティング日本代表)
         
(岸良氏の京セラ在籍時)稲盛和夫さんは
「私にもできるのだから皆にもできる」
と常日頃語っていた。

だが、僕は新入社員の頃、
自分が稲盛さんのような凄い人になれるとは
到底思えなかった。

でもある時、稲盛さんのような
偉大な人が存在しているからには、
必ず何かの理由があるはずだと考えるようになった。

要するに「あの人だからできる」という考え方を
やめたのである。

「あの人だからできる」と定義すると、
学びがそこで止まってしまうからだ。

大好きだった京セラを飛び出したのは43歳。

現在様々な赤字企業や問題を抱えた
組織の経営コンサルティングをさせてもらっている。

相談の中身はそれぞれに異なるが、
何か問題があって、ずっと解決しない時には
必ず一つの共通した症状がある。

それは“人のせいにする”ということだ。

「あそこの会社は力があるから」
「うちには人材がいないから」といったように
「○○のせいだ」という言葉が必ずどこかに出ている。

いつも僕は同じ質問をする。


「人のせいにして問題は解決しますか」


世界中の誰に尋ねても
「しない」と口を揃えて答える。

にもかかわらず、我われは人のせいにしがちで、
その結果、問題を放置してしまう。

見方を変えれば、その症状があったとしたら、
そこに改善のチャンスがあるということだ。

稲盛さんは講話の中で

「宇宙は常に進化発展している。
そこに心を委ねるならば、
 京セラも未来永劫発展する」

と我われに語られた。

僕も曲がりなりに50年以上の人生を生きてきて、
確かにそうではないかと思う。

世の中はよき方向へ向かっている。

それなのに、その妨げになるものがあるとすれば、
それは我われの持つ、最も非生産的で
問題が解決しない考え方

「人のせいにする」

ということではないだろうか。

かつての僕がそうだったように、
自分の思うような仕事や部署に就けず、
悶々としている人は少なくないだろう。

だが仕事というものは
「自分がいたら助かる」という部分を
見つけるところから始まるのだと思う。

そしてそれは必ず見つけられる。
職場には必ず困っていることがあるからだ。

会社が自分を雇ってくれた理由とは何か。
それを自らに問うところに
きっと新しい扉が開かれている。
 
2019/06/29

バナースペース

展示場 櫛田建設株式会社

〒971-8134
福島県いわき市鹿島町飯田字八合22
福島テレビハウジングプラザ内

Mail infous@kushida-web.com
TEL 0246-76-0255
FAX 0246-76-0256
定休日:水曜日